炭鉱や金鉱で栄えた街九份の歴史と文化を背景に、採掘道具のツルハシを巧妙にマグカップの持ち手のデザインとして取り入れました。どこにでもあるマグカップが、九份の歴史と文化の特色を凝縮した逸品になりました。