• 九份茶坊・百年老厝古樸的呈現風格

      九份茶坊・百年老厝古樸的呈現風格

    • 一九九一年 | 茶坊前身翁山英故居

      一九九一年 | 茶坊前身翁山英故居

    • 九份茶坊所使用的炭火燒水

      九份茶坊所使用的炭火燒水

    九份茶坊

    お茶|陶芸品

    90年代の九份, 金脈も果て、人は去り廃墟がものさびしく佇むのみだったが、, 築百年の古屋敷「九份茶坊」の開幕により、, 歴史ある山城が再び目を覚ました。

    その昔、金鉱で栄えた九份は再度注目されることとなった。九份で第一号である茶芸館がオープンすると、その後どんどんと茶芸館は増え続け、「九份でお茶を」がブームとなり、負けるなうちもという心理も働いてか、次々に同業者が増えていった。その結果、あのごちゃごちゃした狭い集落に20軒もの茶芸館がひしめき合うこととなった。

     

    茶坊の各所で見られるやかんと火鉢

     

    茶坊の一部・行燈

    翁山英故居

    時代の先駆者である九份茶坊オーナー洪志勝は、この百年もの歴史ある古屋敷「翁山英故居」の保存保護を念頭に修改築し、文化が息付くアート空間を生み出した。ここは正式に新北市六番目の歴史建築として登録されている。「茶、陶、画」を主軸とした経営理念は、国の経済部により2005年に創意生活事業のモデルとして選ばれている。九份に訪れたなら、ここは見ておきたいところだ。

    茶坊写真

     

    茶坊収蔵・古鐘

     

    茶坊収蔵・獅子木彫りランプ台

     

    金銀花白柚壷

     

    茶室の一部

    top