多くの茶芸館では蓋を中国結びで本体に結びつけていますが、紐は濡れたままにしておくと衛生的ではないため弊店では使用しておりません。そのために蓋が落ちて割れることが多く、そこからインスピレーションを得ました。滑り止めというのは蓋が滑り落ちないようになっているということです。ちょっとした工夫でとても便利に、安心してお茶が楽しめるようになりました。